レンタル着物を利用するとき、中には何を着ればいい?

中には何を着ればいい? 着物に慣れていないと、レンタル着物のときに中に何を着ていいのか迷ってしまうでしょう。 浴衣でも同じですが一般的なショーツやブラジャーをつけていると、ラインが出てしまうので適さないと言われています。代わりに和装用の下着に当たる肌襦袢や裾除けを使用するのが着物の基本です。しかし、普段使いなれない和装用のインナーでは落ち着かないという人の声を受けて、和装用のブラジャーやショーツも登場しています。
レンタル着物では、着物一式のレンタルと中につける和装用下着を含めて貸し出しているところも多いので、和装用の下着を用意しなくても構いません。別途料金がかかる可能性もあるので確認しましょう。やはり、他人が身につけた和装用の下着は、クリーニングしていても避けたいという人もいるので、レンタル着物のショップで販売しているものを購入するか、自分で用意したものを持参する方法が選ばれています。
体の凹凸が出ない方が綺麗に着物を着こなせるので、レンタル着物の中は和装用の下着を使いましょう。

レンタル着物にヒートテックを合わせるのはなかなか難しい

レンタル着物にヒートテックを合わせるのはなかなか難しい 冬に着物を着る時に気を付けたいのが防寒です。レンタル着物を借りる時にも、ヒートテックなどの防寒下着を着たいと思うかもしれません。レンタル着物を着る際に用意するように勧められることもありますが、合わせるのがなかなか難しいので注意が必要です。
一つには襟ぐりの問題があります。着物は衣文を抜くので、シャツの場合は後の襟からヒートテックが覗いてしまうことがあります。着物の袖からシャツの袖が見えることもあります。せっかく着物でおしゃれをしているのに、下着が見えてしまうと台無しになってしまいます。これを防ぐためには、シャツを後ろ前にきたり、半そでやタンクトップを着用するようにするとよいでしょう。
また、素材がツルツルしているので、長襦袢が滑って着付けがきまらないことがあります。この場合は長襦袢の下に肌襦袢を着ると滑りがおさまります。 ヒートテックは暖かいのでレンタル着物を着る際には重宝しますが、合わせ方には注意をするようにしましょう。